ビハキュアは、医薬部外品の美白化粧品ですから、シミやそばかす、くすみなどの悩みがある人に注目されています。

定期購入がお得なビハキュアなので、ここでは解約方法などを詳しくご紹介します。

また、妊娠中の方の使用についてや、美白ジェルのシミウスとの違いなどもチェックしていますので、参考にしてください。

ビハキュアの定期購入を解約するのは簡単?注意点は?

ビハキュアは高いリピート率を誇る美白化粧品ですから、続けやすい定期購入を利用する方がほとんどです。

ですが、定期購入は解約方法が複雑だったりすると困るので、いきなり定期購入を申し込むのをためらう人も多いですよね。

たしかに解約手続きがスムーズじゃないのなら、いくらお得な購入方法でも迷ってしまうのも当然です。

でもその点は心配ありません。

ビハキュアの解約方法は電話1本するだけです。

ビハキュアには、厚生労働省から認可を受けている美白有効成分が配合されていますが、シミやそばかすの原因になるメラニン対策は、1ヶ月程度では実感できません。

コツコツと毎日のお手入れに使い続けると、3ヵ月ほどで変化を感じ始める愛用者が多いので、初回購入価格が通常価格よりも7,000円もお得になるチャレンジコースという定期購入を選ぶ方がほとんどです。

これほど大幅に割引されるだけじゃなく、休止やキャンセルが電話1本でいつでもできるのですから、定期購入を選ぶ人がほとんどなのも納得でしょう。

定期購入では、次回発送日が決まっているので、その発送予定部の10日前までに電話連絡すれば解約、休止できます。

1つだけ注意しておきたいのは、電話以外の方法(メールや問い合わせフォーム)で連絡して、解約したつもりになってトラブルにならないようにすることです。

キャンセルや休止を含め、ビハキュアに関する問い合わせなどの連絡先電話番号です。

カスタマーセンター 0570-065-129 受付時間は9:00~18:00までです。

土曜、日曜、祝休日は受付時間外となっています。

ビハキュアとシミウスの違いは何?比べて分かったことは?

ビハキュアは薬用美白成分を2つも含んでいる美白クリームです。

そんなビハキュアとよく比較されているのがシミウスというオールインワンタイプの美白ジェルです。

ビハキュアを愛用している人が、過去にシミウスを使っていた経験から、違いなどをブログや口コミサイトで発信しているので、よく比べられるのでしょう。

違いとして分かりやすいのは、配合されている成分です。

ビハキュアはシミやそばかすの原因になるメラニンに働きかける美白有効成分として、アルブチンと呼ばれるハイドロキノン誘導体とトラネキサム酸が使われています。

ハイドロキノン誘導体とは、肌への刺激などのリスクが心配されるハイドロキノンを安定させ、肌にリスクのない成分に加工したものです。

そしてトラネキサム酸は、肝斑などのケアに使われる成分で、肌を安定させる作用もあります。

一方のシミウスにはプラセンタエキスとグリチルレチン酸2Kという有効成分が使われています。

プラセンタエキスには、細胞増殖の促進によって肌のターンオーバーを高め、メラニンを排出しやすくする作用があるので、美白有効成分として認可されています。

グリチルレチン酸2Kは、抗炎症作用のある薬用成分として認可されています。

比べてみるとわかりますが、メラニンにアプローチする成分にこだわって作られているのはビハキュアです。

シミウスも美白成分は入っていますから、大きな違いはありませんが、シミやそばかすに焦点を当てたスキンケアを考えている方には、少し物足らないかも知れません。

ただ、シミウスはオールインワンタイプの化粧品なので、毎日の美白ケアを簡単に済ませたい人には向いているでしょうね。

しっかり美白に取り組みたいのか、それとも手軽に美白ケアをしたいのかによって、選択すれば良いのではないでしょうか。

ビハキュアは妊娠中でも使えるの?安全なの?

ビハキュアは、妊娠中でも使って大丈夫なのか?と心配する声があります。

ビハキュアに含まれている薬用成分が、妊娠中の肌にも安全なのか確認してからじゃないと、安心して購入できないのはわかります。

先に結論から言ってしまえば、ビハキュアは妊娠中の方が使っても何の問題もありません。

それどころか、ホルモンバランスが急激に変化する妊娠中は、シミやそばかすが急に増えることもあります。

出産を終えるとシミやそばかすが消えてくれることもありますが、きちんとお手入れしていないと、そのまま残ってしまうかも知れないのです。

美白有効成分をダブル配合しているビハキュアできちんとお手入れを続ければ、妊娠中のメラニンリスクも軽減できるでしょう。

しかし、なぜ妊婦さんがビハキュアを使うことを心配する声があるのか不思議に思いませんか?

その理由を調べてみると、配合されている美白成分のハイドロキノン誘導体の副作用を心配する人がいるからでした。

ハイドロキノン誘導体は美白有効成分アルブチンのことです。

ハイドロキノンは扱いが難しく、濃度が高いものを使うと肌が赤くなったり、皮が剥けてしまうなど、トラブルが起こることが心配されます。

だから化粧品に配合できるハイドロキノンの濃度は低く設定されていますが、それでも肌が弱い人はトラブルを起こすこともあります。

皮膚科では妊娠している人にはハイドロキノンは処方しないのです。

そういう情報があるので、ハイドロキノン誘導体であるアルブチンが入っているビハキュアを妊娠している間に使っても問題ないのか心配する人が存在するのでしょう。

アルブチンは安全性が認められている美白有効成分なので、安心して使っても大丈夫ですよ。

なお、期待できる効果や体験者の口コミを詳しく見ておきたい方は「ビハキュアの効果は嘘!?口コミを見て分かった事実とは?」の記事でまとめていますので参考になさってください。